【高級なウクレレはやっぱりいいのだろうか?】ウクレレ教室

こんな声も頂いています。

「ズームレッスンはたいへん興味深く



また今回のような
チャンスがあるといいな〜と」

「ご連絡ありがとう
ございます(^_^)
ズーム接続会
楽しみにしています。」



■相談の例:高級なウクレレはいいのか?



明日は事前に頂いた


「楽器についてですが、
高級なウクレレは
やっぱりいいのだろうか?


という疑問といいますか、
買いたいけど


簡単には手が出せない
という悩みがあります。」



などの、ご質問にも
お答えしていきます。



■高級なウクレレ

高橋も8000円
のウクレレから始まり





35万円くらいの楽器を
使ってきました。


1万4000円
3万円
5万円
7万円
15万円
20万円


という感じで
書ききれませんが

身銭を切って学んできました。



■楽器の機能としては



安いと
部品が安い

特にわかりやすいのは
チューニングするペグ

の性能で
チューニングの安定性
やりやすさが結構違います。



あとは、材のグレードと
職人さんの腕
設計の腕



が楽器の良さに
反映されます。



■値段については



売上価格=費用+利益

ですので



材料費
 ペグなど部品
 木材の価格(メインでしょう)

製造費
 職人さんの作業賃

設計費その他
 間接費的なものも含め

+利益(儲け)



ということですね。



■値段が上がると



基本的には材料はいいものを
使う傾向がありますので



部品の品質が上がる
弾きやすい楽器となります。



ピックアップなどの
グレードも良くなりますよね。


7万円から10万円ちょい
くらいの楽器でパーツは
最高になると思います。



■振れ幅が大きのが木材



ただし、木材というのが
希少な材となるととっても
高くなってくるので



この部分で
いくらでも高い楽器
というのは
作れる感じもありますね。



まあ、合板もあれば
北欧の100年レベルの
スプルースをさらに



何年も寝かせた材
なんてのもありますので




■製造費用



ここは、ほとんど
国別の賃金の差から始まり


手間とブランド力
が乗ってきます。

東南アジア
<中国
<台湾
<日本
<欧米 ハワイもここかな
<人気個人製作者 国によらず 
 もしくは有名ブランド

って感じでしょうか。



工場のライン製造ではなく
個人製作で全部やって入れば



やはり手間がかかるので
製造コストは上がりますよね。



この順位と
楽器の良さ(演奏性、音色)
は一緒にはならないので


そこが大きなポイントですね。



■設計費



これがブランド力の
部分に乗っかるかもしれません


伝統的なブランドであれば
基本的には設計も良くて


音色がいい
演奏性もいい

可能性が高いですからね。

設計思想への安心感が
ブランド価値かもしれません。




■演奏性はとっても大事ですよ。



うまく弾けません
という初心者の方で


自分の技術だけを
気にしている場合
がありますが

弾きにくい楽器
を使っていると


同じフレーズでも
苦労が多いのです。



■弘法は筆を選ぶ?



上手い人は道具を選ばない
という諺ですが

大嘘です。


弘法大師空海は
自ら中国留学時に筆の
作り方まで学び



天皇に自家製の
筆を献上しています。


なんでもよければ
適当に買いますわね。



※高橋も持っている
セニーザなんていう楽器
ハワイ製でブランド力は
すごいですが
演奏製は?です。
(音色はいいですよ)



■ブランド代が乗っかります



個人製作者や有名ブランドは


製造費用というよりは
利益の中のブランド料
がさらに乗っかる感じでしょうか。


高橋の私見ですが
15万クラス以上のメーカー品で
きちんとしたものであれば


30万円の楽器も
楽器性能は大きくは違わず

材の希少性による
美しさと音色の細かい良さ


もしくは独自の魅力に
よるブランド力が乗っかってくる
ように思っています。




■それぞれの持ち味、方向性



があるので
支持されている
のでしょうし


音色、演奏性

だけでなく
デザインや


物語なども
含まれているので
それは納得して



喜んで使われているのが
妥当でありいい楽器ですね。


参考になれば幸いです。

追伸:
明日からのズームでは
メルマガには書きにくい
話もお伝えできます!

━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら