【セーハすると痛くなるを手放す】ウクレレ教室


【セーハすると痛くなるを手放す】

─────────────────────────

■こんにちは高橋です!

昨日は2月のまとめを実施

ただ振返るのではなくて
チェックすることで次のアクションが
見えてくる。

その場でで出来る改善が
効果を生む事もアリ
振返るのも大事だな

日々の暮らしも音楽も
似た様なところがあります。



■セーハすると痛いのです

という生徒さんがおられて

個人レッスンでがっつりと
持ち方に取組みました。



また、押さえ方が強すぎたので
そこも痛みに繋がる可能性が有り
必要なだけの最低限で押さえる

をトライしておられます。



■それでも痛くなりそうなので

セーハのある練習を止めています。

ということなので
以下のチェック方法をお伝えしました。



チェック方法としては
※左肩が痛くなるので

右手かだれかにさわってもらい
ウクレレを弾く、セーハするときに
緊張する筋肉があるかどうか


そしてその緊張が演奏に必要か?
その緊張をしなくても、減らしても
演奏ができるか?


確認する。



■肩かもしれないし


腕かもしれませんが
痛くなるほどであれば

緊張が起きるのが
見つかるのではないか
と思います。


表面ではなくインナーマッスル
かもしれず、おもったより
違う場所かもしれません。


不要だけどやってしまう
うごきを止めるというのは


「役に立たない思い込みを手放す」


ということでもあります。
ますます

UKULELE is LIFE
という感じですね!


━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

学びに遅すぎる事はありません。
また、早すぎる事もありません。

学んだ事は、
すべて以降の人生に
プラスになるからです。

______________

■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら