【オンラインでもあなたが伝わる:メラビアンの法則と機材の関係(1マイク編)】ウクレレ教室

コロナでも減収ゼロ=タカハシのオンラインレッスンのご感想はこちら



■こんにちは高橋です!



自分が仕事でもプライベートでも
誰かに伝えたい場面がありますよね。



メラビアンの法則によれば


伝えるときの
影響力は高い順に

1視覚情報 動き、仕草、表情     55%
2聴覚情報 声の大小、声質、スピード 38%
3言語情報 言葉の意味、内容      7%




これを参考にすると



誰かに何かを伝えたいときに
普段の対面ではもちろん

(まずい、まずい、まずいぞーーーー)


・服装きちんとしよう(汗)
・聞き取りやすく元気に話そう(汗)
・スポーツ刈りは難しいけどヘア関係を
 整えよう(汗)




聞くたび大反省が始まる
大変、恐ろしい法則ですね。



■オンラインでは情報量が激減



現状では別に問題を
感じてない方が大半でしょうが

実は、オンラインでは



合計93%を占める
視覚と聴覚情報の



デジタル化という
情報処理の根本により
(今後わかりやすく解説します)


情報量が激減し
情報の質も劣化します。



■機材という援軍に頼りっぱなし



今は皆関心が薄いので
横並びですが

7%の言語化された本質を
(言葉が大将格)

残り93%の情報が(援軍)
強烈にサポートしているわけで





今後、機材に無関心
というのは(援軍なし)
かなり損な状況です。



機材が



余計な情報(ノイズ)をカットし
必要な情報を取り出す
コントロール力を
貸してくれますので。



臆病者の高橋は
いち早く援軍を
呼びました(笑)



まずは音声情報からお話しますね。




■カラオケでレッスン中



隣の部屋の音が
ニセのB’zを


「我慢できなーい」


と熱唱してうるさくても




レッスン中はその音が
気にならなくなったりします。
(我慢できるー)



人間の脳がノイズキャンセル
してくれているわけです。




■この録音を家で聞くと



カラオケで
収録した音を
家で再生すると



もう、隣のB’z熱唱が
うるさくて、うるさくて


「我慢できなーい」
聞くに耐えない状態です。




■大概の録音機材では




無指向性
(周囲の全体の音を収録する)



のマイクを採用しているので



聞く人にとって
必要な音も、不要な音も



忖度なく、冷酷に、バッチリ
収録されるので




■余計な音も入る



聞こえないから
ボリュームを上げると




余計な音も大きくなり



とにかくストレス
とにかく疲れる。



同じことはオンラインの
やりとりで起きてきて



(ズームにノイズを消す機能はあるものの)

特にWindowsのパソコンは
音に弱く、かなり音質やノイズの
差が激しいです。



オンライン疲れだったり
パソコンじゃ音楽は無理だね
と一般に言われる理由1です。




■音が変わるのはこの3箇所




1マイク (指向性、性能)
2パソコン(デジタル変換)
3ソフト (音声調整機能)



本日は1のマイクについて
取り上げてみました



おそらくまだ
自分ごとに思えない方が
多いでしょうが



上流でダメなのを
下流でどうにかするのは
かなり大変なので



 ※1は素材
  2、3は料理方法



「上流からよくする」



とタカハシが言ってたな
と認識していただければ


きっとプラスになると確信しています。


コロナでも減収ゼロ=タカハシのオンラインレッスンのご感想はこちら



■無料14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

■無料メルマガ!
いますぐ学びをはじめられる!!!
このブログ記事は、無料メルマガ記事より抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源、お役立ちまとめ記事をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら