タグ別アーカイブ: 情報

ウクレレ教室:作品のリアリティは情報量が決め手

 
【作品のリアリティは情報量が決め手】
────────────────────────────────
■リアリティは情報量から
本日は先日、絵画の先生が
行っていた事からアイデアを得て
書いてみます。
リアリティは巧さではなく
圧倒的な質と量の情報から
という内容ですが
質は、最初からはなかなか
得られません。
ただし、量については
時間をかければ得られるもの。
■いわゆる質も
だんだん改善されますが
これも、まずは
圧倒的な情報量から
質に繋がっていく部分があります。
もちろん、しかるべき指導
情報がインプットされる事で
劇的に質も変わるのですが
それにしても
同じインプットをした場合
アウトプットの量が
丁寧さやゆっくりのスピード
も関係ありながら
量がそれでも問題になるのです。
■情報量のシンプルな例
白い紙に線を弾く場合
線が一本なら
上と下
あちらとこちら
という境界が出て来ます。
さらに、線をもう一本
増やしたら
続きを読む

ウクレレ教室:改善のPDCAを回す感覚

■話は変わりますが
さて先日ウクレレ楽しい大學DVD
Vol4大きな古時計について
//tshigeto.xsrv.jp/distribute/cgi-bin/apply.cgi?U=M1cXBGTaQwbdM&I=00348
ご感想いただいた
Iさんからさらに
お便りをいただいています。
____ここからお便り_____
 私の拙文をメルマガに取り上げていただき、
ありがとうございました。
 感謝、感激!です。高橋先生のメルマガは、
「気付き」に溢れています。
 私は、朝、目覚めたらすぐにウクレレを手に取って、
エクササイズを行います。
 また、就寝前にも練習しています。
まさに、高橋先生の言われた
「ゴールデンタイム効果」です。
続きを読む

比較を内包した情報からも離れる。


こんにちは!
 
 
岡山に帰省しています。
 
広島空港から岡山の県北部の実家まで
渋滞を避けつつ、迷ったりもしつつ
4時間半のドライブでした。
 
 
やっと正月らしい?
なんにもしない一日を寝て過ごし
夕方からは温泉に漬かってきました。
 
 
高校の同級生がパンの先生もやっており
旅先で買ったパンを送ってあげたこと
これが本日の全てですね。
 
 
ほとんど、電源停止ですが
ゼロにならないように、この記事を書いています。
 
ウクレレの練習もきっちり練習できなくても
ちょっと触るというのが離れてしまわない工夫です。
 
続きを読む

ウクレレ上達の法則:初心者から中級に進みます! それってどういう状態か具体的にいえますか?


昨日はエンジニア仲間の飲み会に参加しました。
役職のあるおじさんも参加されたのですが。
その方の下ネタに一同、爆笑。
しかし、話芸の人達は下ネタで笑いを取るのはたやすいとして、芸としては価値を置かないようですが。
もちろん語り部の話術人柄、内容もあるのですが、
それくらい、ホッとして笑ってしまう。
これって、何故かなと思うと人というレベルでの共通体験をベースにした共通言語
で語るから、分かりやすい。親しみやすい。こんな立派な(にみえる)人も、同じなんだな
(もしかしたら同じよりも。。。?)という点が作用しているように思いました。
では、本日の本題に参りましょう。
■さてウクレレを教えるとう視点でみると
 意外と、初心者向けという ワークショップが多くあります。
 しかし、行くとどうなるのか? まったくイメージが掴めません。
 なぜなら、初心者という言葉 の共通認識が無いからなのです。
 簡単にいうと、定義があいまい。 人によって異なるのです。
■3コードを覚えた程度が初心者?  1曲とおしで弾けたら中級者? 10個ぐらいコードを覚えたら 中級者?
 これって数値化できない部類の 話だと僕は思っています。
 
■僕の定義で初心者とは。   自分で勉強を方向付けて進める前 の段階だとしています。
 なので、自己流で行きますと 試行錯誤の連続で
 うまくいくと、2年くらいで 方向付けに向かうかもしれませんし はたまた、試行錯誤に終始する かもしれません。
■なのでバーンと
 演奏の概要を教えて、見せて そのある到達点までには こういう練習をすればいい
 としっかり理解してもらえば ある部分自分で進める 方向ができてきます。
■よくインストールという言葉を 僕も使いますが。
 これは情報に関して言える事で 体験は(身体レベルでは) インストールなどされません。
 ■パソコンに新しいソフトを入れたら その機能が増えて嬉しいですが 使い方は覚えないと いけませんよね。
 同様に、ソフトを入れても CPUのスペックがあがったりも しませんね。
 
■ウクレレなど楽器演奏をするにも
 体験に基づく情報が 整理できて
 使いたい場面で身体が そのように動く状態まで もっていく必要があるので
 まあ、一発である段階を 超えるなんて言うのは無茶な 話です。
 
■一回の30分とか長くて120分
 そのワークショップで伝えられるのは せいぜい、情報が8割。
 体験は2割でしょう。 (この2割が重要なのですが)
 もちろん、この2割を左右する8割の 情報も非常に重要です。
 ■おそらく1曲をテーマにして   とにかくマスターしてもらうことで
 中級者の自覚、なんとなく上達の雰囲気 を味わってという曖昧な内容に陥り そうなくらい、
 初心者向けというのは難しいジャンルだと やっと最近気がついてきました。
■受ける側も、教える側も
 最初の定義があいまいだから。 結果がふんわりと、個人差があっても なんとなく、勉強になったようだから
 ま、いいか。
 そんなことがあるのかもしれません。
■そして、僕が注意しているのは
 その例題の1曲を弾けるように なって帰ってもらうことではなくて。
 他の曲についても、使えるような 共通の弾き方を勉強している という考え方や基礎の指使いの知識。
 これを8割の情報でインストール してもらい。
 2割の短い時間で体験 してもらいます。
■その場でできることは所詮すくない。
 だから、帰ってから やってみよう。 できそうだーという予感。
 これを得てもらいたいので 熱意をもって語ります。
■もやもやをはらす為にも
 教わる方も、 教える方も
 初心者とはどういう状態で 中級になるのはどういう状態か
 すこだけ考えてみても いいかもしれません。
次回以降にもつづきます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■【まとめ】■初級者と中級者の状態が世間的に 非常にあいまいな現状があります。
 その上で、ワークショップが開かれ ておりますと、結果として 得られた物が評価できないのです。
■僕の定義では自分で方向をもって 学んでいけるのが中級以上 その前段階が初心者です。
■ある程度の基礎知識を学ぶ事は いづれにしても必要ですが。 中級になるには学習方法を身につける そこがキーになるようです。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
このあいまいさ、が教育全般のある種の「怪しさ」に繋がっているのかもしれませんね。

情報インフラの上で切り捨てられてきた個性を取り戻す


もうすぐ、お盆ですね。帰省や御墓参り。そんなイベントも季節を感じるものですね。
何故か、気候のいい時期よりもうだるような熱さとか刺すような寒さって記憶に残りますね。
きっと体に刺激があるからかなと思ったりもします。
■一時期、脳ブームが起こり 養老孟司さんの本が売れたりしました。
 このおじさん解剖学者ですが 家庭用のスキャナを使って昆虫の 図鑑を作ったり面白いことをやってます。
■この養老さんの話されていたこと ちょうど情報化社会について 触れていました。
 いわく
 言葉=情報 身体=個性
 だというのです。
■そして、人間が自分自身を情報だと 思っているのが情報化社会 とおっしゃるのですよ。
続きを読む

情報を活かすための情報をインストールする。


ひっぱるなー。と思う方もいらっしゃいますよね。
フェルデンクライスというボディワークをウクレレレッスンに活かしていこうとしています。
でもね、ひっぱるのはやはり。大切だからなんです。
■ぼく驕ってました。
続きを読む

持っている最高の情報を出していこう!それに見合った人が集まってくるから。


うっちーさんのブログにDVDを紹介頂いたところ
(高橋重人のDVDとその真相)//ameblo.jp/jazzoomcafe/entry-11574823745.html
いっぺんに、DVDの予約が入りました。
さすがに、うっちーさんともなると影響力があるのですね。
かどさんに紹介頂いた時はメルマガの登録がどっと増えました。ありがたいことです。
■紹介頂いても、それに恥じないレベル というのをいつも心がけています。  日本人は何でも工芸品をつくり オーバースペックでコストが跳ね上がり 結果、ダメになる。
 というのが製造業ではあるのですが。
 こと、音楽を対象とするなら
■ぼくはどこまでも最高スペックを追いますよ。
 もてる力を小出しにしたり 肝心な情報を出さないなんてのも
 音楽に限らず芸術全般にありがちですが。 僕は全部出していきます。
続きを読む

情報の行き着く先


こんにちは!
最近、iPhoneのアプリをいろいろ見ています。
気になるのが、音声認識と文字認識
音声認識ではDragon Dictation を使ってみましたがはっきりしゃべるとそこそこ認識してくれます。句読点は 「てん」「まる」言うと入ります。(笑)
文字認識は名刺の管理ソフトを検索すると出てきます。これは「OCR」という技術だそうですが。芸術的な名刺は微妙ですが、大手企業が発行するようなビジネス名刺だと一発でデジタル化できます。
■ここまできたか という感じで音(声)も光(文字)も コンピュータが認識できるのです。
 認識できるということはデータベースと 照合して発見できたということなので この情報をコピーし 再現、再利用できるということです。
■つまり結果として表面にあらわれる 音や光の情報はいかようにも コピーできて、される世の中になりつつある。 そういうことですね。
■いまのところは ボーカロイドが歌っても 感動まではしない。 感心はしますし。
 (自分で育てたひとは感動するでしょうね。)
■おそらく、油絵も表面はコピー できますが、いまのところ 厚みや塗り重ねたようなところまでは コピーできないでしょう。
続きを読む