タグ別アーカイブ: 音質

【ピックアップ事例1:野外&バンド編】ウクレレ教室

【ピックアップ事例1:野外&バンド編】

─────────────────────────

■ピックアップの話つづき



ご質問をいただきまして^_^
ありがとうございます!


ピックアップ(マイク)内臓
ウクレレを買った話を
過去分からお伝えします



タカハシが最初に買った
ピックアップ付きウクレレは

アプローズというメーカーの



■UAE-20

参考 個人のブログ 
すでに生産終了のようです

https://ameblo.jp/uk-meister/entry-11174977078.html



オベーションという
アメリカの
エレアコギターメーカーの
サブブランドだったので
知見があるのでは?

と学生から新社会人のころ
買って遊んでいました。




■ボディ(サイドからバック)が樹脂であるのが



最大の特徴ですね。



※オベーション開発秘話!
この樹脂ボディですが
ツアーミューシャンの
楽器が壊れまくるので


軽くて丈夫な
ヘリコプターの材料から
作ったそうですよ!



しっかりした低音が特徴

ピアノの友人とのデュオで
使っていました。



■当時ダイレクトボックスは持って無く




お店のスタッフさんに
コードを渡して適当に
やってもらいました。



完全なる受身だったので
とくに知見は得られず^_^


こだわりが無ければ

もしくは

音響さんがいれば
なんとかはなる^_^
ということでもあります。



■ピックアップ付ウクレレ2



FLUKE という
アメリカのメーカー


ピックアップ付き
(フィッシュマン製)
(コンサートサイズ)



Magic Fluke Company Fluke Ukulele, Concert, Sapphire Blue Finish with Gigbag
(アメリカのサイト)
※ピックアップ無しモデル

こちらも現在
日本で見かけませんね



■路上ライブ用にアンプ



野外で弾くと音が散るので
アンプに繋いで弾きました。


ピグノーズというメーカーのバッテリー駆動するアンプを使用。

バッテリーが重かった^_^

キャリーカートに乗せて

コロコロ転がし
代々木公園で弾いて
自作のデモCD-Rを
売ったりしました。



1弦5フレットあたり
特定周波数にピークが発生
(楽器の特徴?)

し、カリカリ嫌な音発生

そこでさる有名な




■ハワイアンミュージシャンに相談




「プロはみんなコレ使ってる」






じゃ、それください!
と考えずに即購入。
商売上手?




初ダイレクトボックス!
(プリアンプ内臓)
https://amzn.to/2HdM95S




L.R.BAGGS(メーカー)の

■ Para Acoustic D.I. (製品名)



を買ったのです。

特定の周波数を
削るような?
機能があったので



そのつまみを回すと
たしかにカリカリは
薄くなりましたが


結局この音も好きになれず
何回使ったか覚えていません。




■歌姫のバンド伴奏で使用


このウクレレ
+ダイレクトボックス
+アンプにて

ウクレレの歌姫
キワヤのコンテストの司会
ウクレレピクニックも出た


アオアクアさんの
バンドメンバーとして
小さなお店で
ライブ演奏もやりました。


※当時 AO AKUA
のちAO AQUA 今KEIKO



ジプシージャズベーシスト
として活躍している
今給黎久美子ちゃんも
メンバーでした^_^


このダイレクトボックス自体
かなり評価が高いものです。
(手放し手元にはない)



このウクレレも
ソプラノをメイン
で使い始めてから
友人にあげちゃいました。



■まずは試してみた



2万円や3万円の
ピックアップ付きのウクレレを買って

当時はお金もなくて
知識もなかったので
やれる範囲で試した。


これらは主流のピエゾ方式
を使ったピックアップです。



■ピエゾピックアップ



これは「音」を拾う
マイクと違い

楽器の「振動」を直接拾う。



この振動はピックアップを
設置したブリッジ部分か
貼り付けたトップ材の
一部の振動のみなんです。



まずは拾う対象が


空気の振動ではなく
楽器という物体の振動
という大きな違い。



この方式違いは大きな
音の違いを生みます、



■かなり前の話なので


今では
ピエゾピックアップも
かなり改善されています。



しかし方式自体が
大きく情報量を
減らしているので



生やマイク集音とはやはり
違う音になってしまう。



野外やバンドでは重宝
ソロ演奏では満足できない


身に染みた経験でした。


また

ダイレクトボックスを使えば



■マイクの音になるというワケではなかった(汗)



魔法のハコでは
無いんです^_^



今は信じられない安価で
ピックアップ付きのウクレレ
もありますので


誰かにプレゼントする前提
でちょっと試してみたり
もいいかもしれません。


ぜひ楽器屋で試してみる
のもオススメします。

次回以降

(最新の装備)
ピエゾ以外の方式も!

に続きます^_^



━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛

普通の会社員が世界のウクレレフェスに出れた思考をお届け!!!
このブログ記事は、無料メルマガより抜粋修正してお届けしています。

メールマガジン「うずまきシステムデザイン論」
に登録いただいた方には!
16の動画、22の音源をプレゼント!
最新の情報が自動で届きます。
メルマガのご感想はこちら


■【NEW】14日間ウクレレ上達メール講座

初心者が写真と動画で基礎から学び上達する思考が身につく
生徒さんのお悩み(以前の教室や教材で教えてもらえなかった)
から以下を解説しました。

・楽に演奏できる安定感の秘密・疲れないウクレレの持ち方・右手の技術:ストラム(音色と音の長さコントロール):ピッキング(ギターとは違うウクレレ独自の。。。)・左手の技術:運指の考え方(音を歌うように繋げる)(狭くならない角度の調整)(ルールを覚えると=全部覚えなくて良い)・上達する練習の考え方・物事が上達するための4段階(各段階でやることが違うので間違うと上達が難しくなります)・エクササイズの紹介・リズムの考え方(強拍弱拍は誤訳)・エクササイズの応用で曲ができる(演奏の設計という考え)etc…

14日間ウクレレ上達メール講座登録はこちら。

ウクレレ教室:ウクレレの種類 音質と浸透性

【ウクレレの種類 音質と浸透性】───────────────────────────────────■ウクレレの種類 具体的にウクレレを選ぼうかといったとき 出てくる課題はウクレレの種類ということになります。 _____灰田先生の ウクレレ独習7日間より___ ウクレレは大別して(形態的に)次の2種類があります。 スタンダード・ウクレレ  (小型ギターの形をしたもの)  音質は、細くて堅く野外でも相当遠方まで届きます。 パイナップル・ウクレレ  (小判型のもの)  音質は、太く柔らかく、野外での音の浸透性は、  スタンダードほどではありません。 このほか、、スタンダード型の2まわり、3まわり 大きなものにテナー・ウクレレ(一名タロー・パッチ) とバリトンウクレレがあります。 ともに音質は普通のウクレレよりも太く低いものです。 ________________________ こんな説明が1ページで十分でした。 今ではスタンダードといわれたソプラノウクレレが 必ずしもスタンダードではないことでしょうか。 各国のウクレレフェスティバルで演奏家が集合すると ソプラノ率は1割くらいかもしれません。。。 ■音の3要素 音の三要素は 「音の大きさ」「音の高さ」「音色」 なのですが。  着目したいのは灰田先が触れているのは第一に音質 次にの浸透性ということですね。 これがあのウクレレ独特のコロコロしたサウンドの元です。 逆にこれも、特徴的なのですが音量には触れていません。 音が大きければ到達性が高いわけではない、 さらに相手の心まで届く音かどうかとなると もっと複雑な要素が絡んできそうですね(!) ■ウクレレの特性 当時最高の演奏家である灰田先生が 音のボリュームよりも音程や音質を重視しているのは 非常に重要なことのように感じます。 言い換えればボリュームと音色を限定すること このことで、ウクレレは独特の音色を得た。 さらに到達性を特徴として持った楽器のようです。 昨日までお話しした、ウクレレのルーツである ウケケという楽器が通信手段として使われた。 このこととも非常に関係が深いのでしょう。 ■そこでピックアップの問題を 1つ、とりあげるのは音量を増幅する  ピックアップとアンプを用いたセットですが、 音の到達性にプラスになるものではない。 というシンプルな事実です。 音の到達性はウクレレのサイズや形状に加えて 演奏方法に大きく関わってきます。 今後お話しますが、指が弦にあたる速度が 早いほど密度高く到達性のある音になります。 ■電気的に増幅した楽器で弾くと 弱く弾いても、遅く弾いても それなりに大きめの音が出ます。 (そのための機械なんだから当たり前ですが:笑) 強く弾くと、逆にうるさいということになり。 弱く弾いて、大きい音をだす。 中くらいに弾いてもっと大きい音を出す という結果になる部分があります。 そうすると肝心な強さ、早さが育たず 到達性のある演奏力が身に付きにくい。 ■これを回避するには 音量増幅しないアコースティックで練習して 演奏的に到達性が高い音を出せるようになったあと その演奏にマッチするようなマイクシステムを選び 適度なセッティングをすることになるでしょう。  そう、順番が結構大切です。 演奏は日々の訓練によって 脳が体の使い方を学習していくもの。 慣れた動きはどんどんスムースになりますが これを変えて行くのは同じように時間がかかります。 ウクレレの特徴、良さでもある到達性のある音 浸透性のある音を目指すとしたら 最初はアコースティックで練習開始する。 こちらは知って損のない情報と言えるでしょう。━━━━━━━━━━━━━━━「うずまきシステムデザイン論」━━┛この記事は、メルマガより抜粋修正してお届けしています。フォームよりメルマガに登録頂ければ最新号が毎日リアルタイムに自動で届きます。

良い音楽体験は食事と同じ 素材x道具x手仕事x受け手の感性


【メロディが支える曲の個性】
本日はさらに、音楽の要素について考えています。
 
音楽の3要素は
以前にも書いた事がありますが、
 メロディ
ハーモニー
リズム
 
4つめの要素が
  続きを読む

あなたにぴったりのウクレレを選ぼう! 木の種類による音の違いを聞いてみる!

ウクレレ木で選ぶ

こんにちは!さて本日は
ウクレレ100動画 No33

クロサワ楽器タイアップの
ウクレレ選び方ガイド編その2です。
木材の違いの紹介。
マホガニーとコア
に的を絞っています。
最初のジングルの音は高橋重人シグネチャー
モデルですのでマンゴーです。
低音とアタックがが効いています。
 
さて、マホガニーは高級家具にも使われていた
比較的柔らかい木ですね。
ギブソンのSGギターやレスポールの後ろ半分
もマホガニーです!
暖かみのある音ですね。
僕もこの動画と同じようなマーチンの3M
持っていて、ローGを張っています。
続きを読む